HOMEtunnel web 掲示板投稿検索

 大津トンネル近況  Danny★鷹  2008年8月14日(木) 7:02  HP
[修正]
taiheiさん、ご無沙汰しています。
8月13日午後、工事現場が休みに入ったので、山陰自動車道の大津トンネル近況を撮影して来ました。
左が大津トンネルの国道184号側出口です。2月に覆いが取られてからトンネル自体に変化はあまりありません。写真には写っていませんが、国道脇で高架橋の橋脚の基礎工事が始められています。
中は大津トンネル対面の姉山に建設が始まった姉山トンネル(正式名称不明)の国道側の状況です。こちらも工事の進捗は遅く、山肌の工事に時間をかけています。
右は立巌トンネルの現況です。中央部がコンクリートで埋められているように見えました。

   taihei  2008年8月14日(木) 22:36 [修正]
Danny★鷹さんご無沙汰しております。
毎日暑いですね。

山陰道のトンネルの近況写真と報告ありがとうございます。

工事現場もお盆休みがあるのですね。。正月同様写真を撮るよいチャンスです。
(自分が休めるかというのはあるけれど)

各トンネルとも順調に工事が進んでいるようです。たしかに姉山(発注名称は所原トンネルです。)の側は斜面の補強工事がされているようですし、貫通もまだなのかな。
立巌トンネルも私が行ったときと大きくは変わっていないようですが、中のコンクリート廃材が増えてる?出来ればこれ以上の変化のないことを望みます。


 クサギハラ隧道  福岡の自転車のり  2008年7月14日(月) 18:18  Mail
[修正]
7月に入ってから、快調な更新ペース、楽しく見させていただいております。
ところで、黒木、矢部村のあたりに行かれたご様子ですが、クサギハラ隧道について何かお判りになりましたでしょうか。名前が良いので気になります。

   taihei  2008年7月14日(月) 21:54 [修正]
黒木町の図書館でゼンリンの住宅地図をひっくり返してみたのですが、クサギハラ隧道についてはつかめませんでした。(黒木町のコズメ,鳥越についてはおそらくこれだろうという2本は発見しましたが。)

仕方がないので矢部村にメールで問い合わせているところです。まだ回答ありませんけど。

ところで、日向神ダムの堰堤下に見える隧道は旧隧道ではなさそうですね。旧版地形図を見ても道路は左岸を通っています。ダム工事用かな?

   福岡の自転車のり  2008年7月24日(木) 8:46  Mail [修正]
謎の隧道ですね、クサギハラ隧道。
しかし、コズメ隧道、鳥越隧道あんなところにあったなんて驚きです。今度ぜひ行ってみます。ほんとにどの地図にも載ってませんね。田舎だし大した路線でもないので調査もあまりされてないのでしょうか。

   taihei  2008年7月25日(金) 0:05 [修正]
謎の隧道です。クサギハラ隧道。

結局役場からもメールの返事ありません。
コズメ隧道、鳥越隧道についてはゼンリンの住宅地図でコズメ隧道を見つけて、現地へ行ってみたら鳥越隧道もついて来たというラッキーな偶然でした。

ラッキーな偶然については、先週のツアーでもひとつ。
「新○○トンネル」には「旧○○隧道」がついてるはず!というところから聞き込みの末発見しました。これもまた旧版も含めて地図に載っているのを見たことがありません。

   福岡の自転車のり  2008年7月28日(月) 13:51  Mail [修正]
なるほど、クサギハラって地名も地図なんかではみあたりませんしねえ。後は現地で聞き込みくらいですか。

ところで、発見された旧隧道とは?

 百木隧道  taihei  2008年7月28日(月) 20:47 [修正]
竹田市荻町の新百木トンネルの旧隧道です。

>これもまた旧版も含めて地図に載っているのを見たことがありません。

と思っていたら、ゼンリンのweb地図には載っていました。

http://www.its-mo.com/z-118356543-472639315-18.htm

ゼンリンの調査力恐るべしだなあ。

地図はちょっと間違ってますけど。

   福岡の自転車のり  2008年7月28日(月) 21:47  Mail [修正]
滝部隧道の近くですね。確かにこの辺以前地図を詳細に調べたことがあったんですが気がつかなかった、というか載ってなかったんですね。こちらも新滝部トンネルのすぐ横に旧隧道があります。
こちらは旧隧道もたいてい地図に載っています。

 走水観音隧道  juncom  2008年7月18日(金) 0:29  HP
[修正]
最近ハイペースの更新で、毎日楽しみにしています。

走水観音隧道のあの段差は、道路の改修工事のものだったのですね。
たしか海苔さんも、そう書いておられました。
納得です。

それから、最初に間違われた道こそ、900mで初代走水隧道まで行けるトレッキングコースだと思います。
踏破していませんがw
そのルートで車道を作っていれば、旧r29のようにくねくね走ることもなかったでしょうにw

 走水観音隧道  taihei  2008年7月21日(月) 8:17 [修正]
出張(仕事でない)に行っておりまして返信遅れました。

道路改修のときに直接峠を目指しておればというのはありますね。
おそらくは勾配の関係でしょうか。

走水観音隧道(仮称)についても勾配を緩めたかったのでしょうが、
峠を目指していたのであればルートミスのように思われます。

 野田隧道  学生服のヤマダ  2008年7月17日(木) 1:15
[修正]
Taihei様
出先のついでとは言え、いつも、気になっている場所に立ち寄って頂き
誠にありがとうざいます。
ちょうど別府の野田隧道のレポもありましたので
お礼代りになるかわかりませんが
2年前の5月のとある黄金週間に立ち寄った時の写真上げさせていただきますね。
この日はまだ資材が落ち着いていたようで、旧道の面影もなんとか見て取れます。
(子供と一緒だったので中までは覗けませんでしたが・・・)
自分的には隧道脇に伸びる小道など気になってしまいましたが
海苔さんの発見のレポートなど見させてもらいますと
大分では、つい「もしや?」と思ってしまったりしますよね^^
もう1枚は古い記事からですみませんが
豊後大野市の両家隧道(東側)です。
脇道に入っていきなりだったので
慌ててこんな写真になってしまいましたが
参考になりましたら是非。

   海苔  2008年7月17日(木) 1:50  HP Mail [修正]
ヤマダ様もブログ見てくださってるようで・・・
どもですm(_ _)m
確かに大分だと不自然に道が切れてたり、妙なわき道があると入っちゃいます・・・w
山口でも穴みたいなの見つけたけど・・・w
俺も最近は暇なので面白い情報いただければ確認行きますよ(*´艸`)

   taihei  2008年7月17日(木) 23:17 [修正]
学生服のヤマダさんも結構いろいろ行かれてますね。

野田隧道の鉄輪側はちょっと転石が多くて危ないですね。昨年行った時(旧隧道があることは知らなかったので、発見に到らなかったのですが…)よりも状況は悪化しています。

先日、東京出張のついでに関東測量部に寄って旧版地図を仕入れてきました。新しい情報があればまたお願いします。

しかし本当に大分は旧隧道をつぶしたりしているケースが少ない(開削は多いですが)し、地図に載っていない隧道もあったりするので、ちょっと怪しげな道があったら覗き込んでしまいますね。

 手向山トンネル  てっく  2008年6月29日(日) 1:31  HP
[修正]
更新お疲れ様です。
仕事落ち着かれましたでしょうか?

さて、手向山トンネルですが、2001年の改修前も片側2車線でした。
僕は改修の際の調査設計に少し関わっていたのですが、改修で広がった
幅員は、現在の歩道分だけです。
かつては真ん中を路面電車が通っていて、その両側を車が走っていたそうです。
断面は両端が高さ2mほどの直壁になった変形馬蹄形でした。
おかげで改修後もすごい断面に。

ラス(芯となる金網)を張ったモルタル吹付が老朽化し、さらに地山も緩んできていたので改修となったようです。


   taihei  2008年6月29日(日) 20:22 [修正]

そろそろネタ探しに久々の九州遠征に行くかと思えるようになったら、今度は週末の雨続きです。
しばらくは手持ちのネタでつないでいこうかと。

手向山トンネルは確かに土被りが少ないとはいええらい扁平な断面だなあと思っていました。電車が通っていたのですか。

さすがにこの区間の電車が走っていたころのことは知りませんでした。
替わりに小倉−折尾間の北九州線の写真を発掘してみました。

 手向山トンネル と 西鉄電車  チョメ  2008年6月29日(日) 22:41  HP [修正]
西鉄北九州線 手向山 で検索すると出てきますよ。

http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/8262/tamuke.html

自HPなかなか更新する気力がわきません。

 こぼれ話  てっく  2008年6月30日(月) 20:56 [修正]
チョメさんはご記憶かも知れませんが、改修工事の際、トンネル内に巨大な鋼製の箱を入れて、その中を車道として、箱の外側や上で重機が作業しました。場所によっては発破も。

ここは迂回路が無いため、通行止めにしないための苦肉の策でした。
よくやったもんだ。

と思ってたら北九州都市高速上りの大蔵トンネル改修工事でもまたやりました。
ポピュラーな工法って訳ではないんですが…

   taihei  2008年7月1日(火) 21:27 [修正]
>チョメさん
ありがとうございます。リンク先、貴重な写真ですね。老朽化が激しいのも判ります。電車との併用トンネルというのも珍しいですね。長崎市内にあったような気もしますがあれは道路トンネル扱いではないのかな?

>てっくさん
最近は交通量の多いところでもわりと夜間とか通行止めにすることもありますが、工期とかいろいろ考えてそのような工法を取ったのでしょうか。
しかし、発破は…(さすがに時間通行止めにはしたのでしょうが)

   てっく  2008年7月1日(火) 23:35  HP [修正]
すみません、当時の計画書にあったんで、ホントにやったかどうかは
確認が取れてませんでした…>発破

ただし、地山の地盤はめちゃくちゃ硬かったんでやったかも…

   コウタロウ  2008年7月11日(金) 1:01 [修正]
長崎の路面電車、併用軌道のトンネルがありますよ。
Mapionで長崎市役所を検索すると、すぐ近くに見つかると思います。
路面電車の複線の外側に、片側1車線の市道が通っています。

但し、このトンネル、純粋な山岳トンネルではなく、
国道34号線の通っていた丘を切り通して作ったトンネルで、
今流行りのボックスタイプトンネルの走りかもしれません。
(作られたのは相当昔の様です)

機会があれば名称を調べておきます(が、名前あるのかな・・・?)

   taihei  2008年7月12日(土) 21:08 [修正]
長崎電軌の専用だったか、道路と併用だったかはっきり記憶が残っていませんでした。
なんといっても中学の修学旅行で乗って以来のような気がします。

国土交通省の調査台帳にはないような気がしますので、名称はないのかもしれません。
となると、命名は早い者勝ちか。

「桜町トンネル」これでどうでしょう。

http://www.chizulog.com/bmap/chizulogmap?lon=467569491&lat=117891011&sc=15&sort=1&icdpct=50&icdp=1&plvl=0&dcdp=0&win=S

   juncom  2008年7月14日(月) 23:22  HP [修正]
・・・実は長崎生まれの私がお答えします。

そこは隧道でもなんでもなくて、その名も「桜町立体交差」です。
これは長崎電軌の桜町・蛍茶屋支線(3番)にあります。

旧線があって、もともとその丘の上へ登っていたのですが、
あまりに急勾配であったために戦後の復旧工事の際に、
現在の路線に移されました。
新線は、丘を割って通した"切通し"になりました。
昭和29年に、その上に蓋をするように道路がのっかって、
今の形になった、ということです。

なので、隧道ではなく、"立体交差"というわけです。

   コウタロウ  2008年7月15日(火) 2:27 [修正]
あちゃあ・・・『桜町立体交差』でしたか・・・。

両側の壁が地山なのとナトリウム灯を使っている故に隧道だと勘違いしていましたが、
確かによく考えると土被りはゼロですね・・・。

それにしても昭和29年だったのですね。予想以上に昔で驚きました。
ちなみに旧線区間は桜町電停側は一方通行の道として残っていますよね。

大変参考になりました。ありがとうございました。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45 P46 P47 P48 P49 P50 P51 P52 P53 P54 P55 P56 P57 P58 P59 P60 P61 P62 P63 P64 P65 P66 P67 P68 P69 P70 P71 P72 P73
全 1000件 [管理]
CGI-design