HOMEtunnel web 掲示板投稿検索

 出雲市乙立町からこんにちは  Danny★鷹  2008年1月27日(日) 7:50  HP
[修正]
はじめまして。以前から「tunnel web」を拝見している「乙立通信社」です。膨大なデータにはHP管理人として敬服いたします。
貴サイトのトンネルをはじめ、県道、旧道、廃道、鉄道廃線などのマニアサイトの方が乙立町に取材に来ておられますが、誤りが目立つので、「乙立通信」にマニア向けのガイドコンテンツを新設しようと、昨年から合間を見ては鉄道廃線跡や県道、旧道、廃道、トンネルなどの撮影に出かけています。ページ新設の際にはデータ等参照させていただきますのでご協力ください。
さて、誤記ですが、国道184号関連で、殿川内トンネルは「とのがわうち」と読みます。鉄道廃線転用で旧名が「乙立隧道」と記されていますが、旧名は「向名(むかいみょう)トンネル」です。“乙立隧道”は一度も存在したことがありません。
旧県道出雲三次線が一畑電鉄立久恵線跡転用道路になった後数年は、向名トンネルと明谷(みょうだん)トンネル+呑水(のんみず)トンネルは出口に信号機があり、交互通行でした。その後、向名トンネルは2車線に拡幅工事がなされて殿川内トンネルに変わり、明谷トンネル+呑水トンネルは対岸に渡る新道が造られて廃道になりました。明谷トンネル、呑水トンネルも“隧道”と名付けられたことはないと思います。
おいおい書き込みさせていただきます。今後ともよろしくお願いします。

 宇比多伎トンネルと朝山隧道  Danny★鷹  2008年1月27日(日) 8:39  HP [修正]
昨日、荒天の合間を見て、旧出雲市の旧県道出雲三次線の旧道(現市道)を“車載カメラ”(笑)で撮影しながら走行して来ました。定期バス路線は今でも旧道を走っています。このうち貴サイトで「朝山隧道」(写真)で掲載されているトンネルには昔から名前がありません。出雲市道路河川維持課の台帳でもただ「トンネル」と扱われているそうです。名無しの手彫りトンネルが現役のバス路線として頑張っています。
宇比多伎トンネルの余話。当時の県道が一畑電鉄立久恵線跡に転用する際、鉄道の桜トンネルを2車線のトンネルに拡幅する計画で工事が始まりましたが、出水や崩落の繰り返しで工事は難航し、崩落で作業員が生き埋めになり死亡したため、工事は変更されました。桜トンネルは埋められ、両側に坂路が新設され、頂上の部分に土砂崩落防止に宇比多伎トンネルが造られました。この難工事のため開通が数年遅れました。トンネルの所原町側出口に犠牲者慰霊の地蔵があります。
朝山町側の坂路が急勾配10%で、その上に曲がっているのも県道だからできたことで、そのまま国道に昇格使用されていますが、国道では認められない勾配だと聞いています。
宇比多伎トンネルの上には朝山神社があり、付近に何段もの滝がありますが、マニアにしか知られていません。
宇比多伎トンネルは峠越えのトンネルではなく、峠越えの市道が神戸川寄りにあります。

   taihei  2008年1月27日(日) 20:41 [修正]
Danny★鷹さんはじめまして。

サイトも拝見させていただきました。地元の方の情報というのは大変ありがたいです。また,情報・ご指摘ありがとうございます。早速反映できる部分から修正させていただきました。

朝山隧道については,道路施設現況調査のリストから朝山隧道としています。名無しでは不便なのでこれでいこうかと思います。

桜トンネルと宇比多伎トンネルについては元の桜トンネルの工事からして難工事であったと聞いていましたが,そのような事故もあったのですね。

また近くを通ることもあろうかと思いますし,いろいろ見てみたいとも思います。(立巌トンネルの閉鎖は残念でした。)

これからもよろしくお願いします。

 宇和佐トンネルの位置  Danny★鷹  2008年1月28日(月) 7:43  HP [修正]
taiheiさま、レスありがとうございます。
滅失した「宇和佐トンネル」(旧県道出雲三次線)の位置は、写真の右側に写っている山側のコンクリート壁と落石防止網が目印で、トンネルを撤去した跡です。
イラストが一畑電鉄立久恵線の宇和佐トンネルを県道出雲三次線に転用した時のイメージです。
岩をくり抜いた短いトンネルでした。トンネル部分が佐田町方面への下り線で、神戸川側の道路が従来からの県道部分で出雲市街方面への上り線でした。
宇和佐トンネル撤去の工事は、従来の県道に矢板で壁を設置し、通行は神戸川側に鉄板の仮設道路を作って行われました。

ところで、立巌トンネルの閉鎖というのは、埋められたのでしょうか? 毎日、横の国道を通るのですが、山陰自動車道の大津トンネル建設工事でガードマンがいてなかなか近づけません。
なお、貴サイトで立巌トンネルと立岩トンネルの表記が混在していますが、どちらが正しいのでしょうか?

 宇和佐トンネルほか  taihei  2008年1月28日(月) 21:23 [修正]
宇和佐トンネルの位置わかりました。イラストも非常にわかりやすくてGoodです。ありがとうございました。追記・修正させていただきました。宇和佐トンネルは現役時代に一度通ったことがあるはずなのですが,記憶にないのが残念です。

立巌トンネルは,立久恵側の坑口がコンクリート壁で封鎖されていました。内部はコンクリートガラが少し入っている程度でした。ご存知のとおり真上でトンネル工事が行なわれていますので立ち入り防止というより補強なのかとも思いましたが,あの程度の補強で意味があるのでしょうか。

※立巌トンネルは最初立岩としていたものを立巌と修正した際にもれていたものです。立巌で統一しました(修正漏れがあったら指摘してやってください。)

 お立ち寄りください  Danny★鷹  2008年1月29日(火) 6:13  HP [修正]
次回、晴れたら日曜日に立巌トンネルの現況を撮影に行ってみようと思います。また山陰道の大津トンネルと所原トンネルの工事状況も撮影しておこうと思います。写真は所原トンネルが神戸川に抜けた側の高架橋工事の現況です。こんなに低い高架橋になるのでしょうか?

R184を通過の際はお気軽にお立ち寄りください。国道側と旧道側の“赤ちょうちん”が目印です。生ビールはいけないので、冬場なら熱いコーヒーを、夏場なら冷たいウーロン茶でもお出しします。検索ロボットに引っかかるため詳しく書けませんので、下記地図を参照ください。
http://townpage.goo.ne.jp/SearchMap.php?mapkind=1&matomeid=KN3205071600000277

 >お立ち寄りください  taihei  2008年1月29日(火) 21:18 [修正]
ありがとうございます。是非。とはいっても,冬の間はなかなか赤名越えも出来ませんが。

神戸川の橋梁は確かに低い位置にある感じがします。高速道路もコストカットで高い高架橋で一気に谷を渡るというような形をとらなくなりつつあるのかもしれませんね。

 日見隧道国道降格  α星  2008年1月25日(金) 0:17
[修正]
国道34号日見隧道の現在の路線ですが
H16年に県道に降格しました。
路線名は長崎県道116号長崎芒塚インター線
です。

 こんにちは その3  コウタロウ  2008年1月25日(金) 20:58  HP [修正]
便乗して・・・。

日見隧道に対するバイパスとして建設されたのが国道34号線の新日見トンネルと本河内トンネルですが、このうち本河内トンネルは2004年に下り線トンネルが竣工しています(URLもどうぞ)。
新トンネルの延長は254mです。
機会があればリストへの追記をお願いします。

p.s.トンネル内の銘板(?)では、何故か2005年となっています。何故だろう・・・。

   taihei  2008年1月25日(金) 22:14 [修正]
修正/追加しました。ありがとうございます。

長崎にもいってみたいなあという気持ちはあるのですが,
さすがに遠いです。

   コウタロウ  2008年1月25日(金) 22:58 [修正]
おお、早速の追記・訂正ありがとうございます。

長崎は平地が少ない割に、トンネルも余りありませんからね・・・。
最近はバイパス道路の建設が少しずつ進み、若干トンネルが増えては来ましたが、
トンネル取材には非常に向かない(というか面白くない)場所だと思います。

でも機会があれば観光などと合わせて、是非いらしてください。

 質問 鷹栖3号隧道について  yoshirin  2008年1月24日(木) 20:51  Mail
[修正]
taiheiさん、はじめまして。私は、yoshirinという奈良在住の隧道好きのおっさんです。こんな、素晴らしいHPがあったなんて、今日まで知らなかったのが、残念でなりません。
トンネルリストの写真を見せていただいおりましたら、気になるところがありましたので、ご質問させていただきます。
それは、大分県にある鷹栖3号隧道のページの3段目左の写真についてです。taiheiさんは、レポートの中で、隧道以外に道はなかったと書かれていますが、隧道の上の山の中腹に、人工的に掘られたと思われる、帯状の窪みが写っていますね。窪みの右端は山を回りこんで、さらに続いているように見えます。これは、隧道が掘られる以前の、旧道である可能性はないのですか。同ページの1段目の写真の右側に、小さいながらも石段のようなものが写っていますので、ちょうどそこへ繋がるような気がするのですが。何故かと言いますと、同じ大分県にあります、『青の洞門』の旧道の鎖渡しの道が、ちょうどこのような窪みでしたので、ふと、そう思ったのですが。
最後になりますが、これからも、この素晴らしいHPを続けていって下さい。

   taihei  2008年1月25日(金) 21:53 [修正]
yoshirinさんはじめまして。ごらん頂きありがとうございます。

早速ですが,鷹巣3号隧道の旧道?の件ですが,
たしかに,目の高さより上にあったので見落としていました。いわれてみると人工的に掘られたものの様でもありますね。旧道というと,隧道の外側という先入観からあのような記述にしてしまいました。

右上の石段は,鷹巣薬師が祀ってあります。そこへいく通路として掘られていた可能性もあるかもしれません。どちらにしろ険しい道には変わりないですが。

これからもよろしくお願いします。


 別府の野田トンネル  みんみん  2008年1月23日(水) 20:41  HP
[修正]
旧道のトンネルは、もう埋められているみたいですね。
旧トンネル時代は、柴石温泉の入り口あたりが
非常に見通しが悪く(今でも悪いですが)、危険だったようです。

旧トンネル以前は、現在の道筋ではなく、
竜巻地獄横の細道を登って野田公民館のところを通って、
野田のバス停のところに出る道を通っていたとのことです。
今でも生活道として残っていますが、狭い道です。

   taihei  2008年1月24日(木) 19:28 [修正]
やはり旧道にトンネルがあったのですね。

当初は改修されて現トンネルになったものと思っていたので,
旧道には立ち入らなかったのですが,後でもしかしたら旧隧道があったのかもと気になっていた場所でした。

機会があったらまた,現地に行ってみたいと思います。

 旧道について  みんみん  2008年1月24日(木) 21:50  HP [修正]
旧道、今はちょっと荒れているみたいですね。
今日、現道からちらっと見ただけですけど…
15年位前まで別府に住んでいたのですが、その当時は
旧道(トンネルまで)は車でらくらくと行くことができて、
そこまで荒れていませんでした。

今はもう通れないかもしれませんが、柴石温泉方面をさらに登って
山越えで北鉄輪あたりに出る里道もあります。
昔は車で通ることもできましたが、とても狭い道でした。

 伏野三重線一本櫟隧道  α星  2008年1月24日(木) 12:58
[修正]
伏野三重線の一本櫟隧道ですが、まず訂正ですが
現道の一本櫟第1トンネルの正式名は久田トンネルです。
リストの名称は間違いで一本櫟第1隧道は昔この路線の一
番北に在った隧道で平成元年撤去されました。
第2〜第3隧道はS52年〜S60年の間に撤去されてます。
第2隧道はS49年以前に撤去されてたかもしれませんが。

あと久田トンネル旧道に残っている一本櫟第4隧道
のデータは延長147.1m 幅員3m〜3.6m 限界高3.7m
大正12年3月完成です。第1〜第3隧道も大正〜昭和初期頃の
物とおもいますが。

   taihei  2008年1月24日(木) 19:30 [修正]
ありがとうございます。

大分は所在地や現・廃・撤去の区別がわからないものが多いので助かります。修正させていただきます。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45 P46 P47 P48 P49 P50 P51 P52 P53 P54 P55 P56 P57 P58 P59 P60 P61 P62 P63 P64 P65 P66 P67 P68 P69 P70 P71 P72 P73 P74 P75 P76 P77 P78 P79 P80 P81 P82 P83
全 1004件 [管理]
CGI-design