HOMEtunnel web 掲示板投稿検索

   とり  2011年4月10日(日) 20:13  Mail
[修正]
豊後大野市清川の郵便局の真下に旧森林鉄道の隧道がありました。それと宇目町長淵の川のむこうに旧森林鉄道の隧道が見えます。長さ6-7Mくらいです。

 R375湯抱バイパス  研谷  2011年3月27日(日) 12:57  Mail
[修正]
以前、KAさんから紹介のあったR375湯抱バイパスの現況です。
                                 杉ヶ市トンネル(752m)の工事発注(工期2011,3,5〜2012,11,23)
   本格的な工事は3〜4ヶ月先だと思います
殿畑西大橋完成
殿畑東大橋工事中(完成8月頃)
湯抱橋完成

今後、湯抱トンネル(278m)が予定されています

 日御碕のトンネル  研谷  2011年3月6日(日) 16:59  Mail
[修正]
島根地方道路大社日御碕線に(仮称)1号トンネル360mが工事中です。
現在ある二俣隧道(幅員5,5M)が狭いため通行不便であり日常生活、観光に支障をきたしているそうです。

現場に見えるのはコンクリートプラントだけ
坑口付けがしてないので何処のあたりを掘るのか解りません。
多分、盛り土あたりでしょうか 日御碕側より掘削

   taihei  2011年3月6日(日) 20:07 [修正]
前から建設するんだという話は聞いていましたが、
着工されていたのですね。
確かに二股隧道は狭いし、大型バス同士では離合も困難でしょうが、
日御碕への道路はそれ以前にカーブがきつくて根本的に規格が悪すぎと思います。

国道432号八雲トンネル(仮称東岩坂トンネル)通ってみました。

   海苔  2011年3月9日(水) 23:48 [修正]
そういや・・・宇佐市〜中津市三光間でトンネル3本ほど掘ってますよ
東九州道のトンネルを・・・w
取り敢えず宇佐市横山付近(r660脇)で赤尾第三トンネル掘ってました
他にも掘ってるみたいですねぇ

r44の桜隧道の調査は終わったみたいです

 R430玉野トンネル  なるなる  2011年2月7日(月) 0:36  HP
[修正]
R430玉野隧道ですが、改修されたのか写真(これは西側)のようになっていました。
http://www.tunnelweb.jp/okayama/kokudo/43001tamano.htm
竣工は2010年8月(だったかな?)と書いてありました。
高さ制限がなくなり、歩道が付いたようですね。

細かいところですが、上記リンク先の文末。
「宇野から玉の市街へ」
玉野?(^^;

   なき  2011年2月7日(月) 12:27 [修正]
写真右側の側壁に小さく写っている灰色部分は、
改修前の隧道扁額だったりするのでしょうか。

 玉野トンネル  taihei  2011年2月8日(火) 0:05 [修正]
改修が済んだという話は聞いていましたが、
まるで新設であるかのような驚きの白さですね。


本文のほうですが、

「宇野」地区の市街地から「玉」地区の市街地へ
という意味で書いていました(たぶん)

せっかくなので多少わかりやすく加筆訂正しました。

右側の擁壁に埋まっているのは確かに旧隧道の扁額にも見えますね。
久しぶりに岡山方面へ走ってみますか。

   なるなる  2011年2月8日(火) 23:40  HP [修正]
さすが、目の付け所が違いますね。(笑)
画像が小さくて申し訳ないですが、言われてみれば「玉」「野」「隧」「道」の4枚を並べて埋め込んであるように見えますね。

ちなみにトンネルの東側(写真の反対側)は道路自体も改修されていました。

>玉の地区
なるほどです。失礼しました。(^^;
玉野市にあるから「玉野」ではないのですね!

   taihei  2011年3月6日(日) 19:47 [修正]
やっぱり扁額でした。宇野側にも残されていました。

 堀越峠バイパスで  カゼコイ  2011年2月22日(火) 22:09
[修正]
今晩は、お久しぶりです。

先日、昭和52年版のワラヂ屋の地図を古書店で見つけまして、
早速買った次第です。
山口県・栃山トンネルは建設中、大刈トンネル旧道はまだ国道・・・
といった具合でした。

その中で、島根・益田市の堀越峠の新道(銅ケ峠のバイパス)は、
完成当時まだ未舗装だったのでしょうか。
この地図ではマークが新道・旧道とも未舗装になっております。

広島側分岐点からは共に未舗装で、
新道は益田側の旧道との合流点までが未舗装です。
一方旧道は大鳥地区まで逆に舗装になっております・・・。

その時代に作る道路が未舗装、ということは有り得たのでしょうか。

 昭和52年ごろ  taihei  2011年2月23日(水) 22:21 [修正]
こんばんは。

国道191号は昔は「酷道」の典型例でした。
当然433号とか488号なんてのは国道ではありませんでしたし。

さすがに広島県内では改良がすすんでいましたが、
島根県内の山間部では、
主要地方道でも未舗装は珍しくありませんでした。

当時の銅ケ峠は通ったことありませんが、
峠のバイパスが未舗装といったことは、
あってもおかしくないとは思います。

短期間だったとは思いますけど。

   なるなる  2011年2月25日(金) 12:50  HP [修正]
新設されたバイパスが未舗装とは面白い話ですね。
その時代の田舎には行ったことないのですが、そんなのは当たり前だったのでしょうかね?

参考までに、旧道の現状です。(肝心の核心部には行ってませんが。)
http://www.kendo-fan.net/tmp/r191-otori.htm

   カゼコイ  2011年2月26日(土) 9:57 [修正]
お返事遅くなりました。

その時代まではまだ酷道があちこちにあったのですね。
今のような快走の道ではなかったのですか・・・。

確かに県道マークのところも未舗装記号のところが見受けられました。
バイパスでも未舗装があり得たとは意外でした。

参考になりました、ありがとうございます。
なるなるさんのレポートの写真ですが、確かにすごいですね・・・。
当然といえばそうですが、
未舗装に変わっていたのは昭和52年の地図とほぼ同じ場所でした。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23
全 257件 [管理]
CGI-design